大漁だ!大漁だ!

ザリガニ釣りが大好きな子どもたち。
長めの枝を探して、凧糸で重しと餌を付けます。餌はさきいか!
どんな枝がいいのか、どんな形の石が重しに向いているのか、凧糸の長さや餌をつける位置などなど
子どもたちはよく知っています。
残念ながら私はまだ上手く凧糸で石や餌をつけれないのですが
モタモタしていると
「ちょっと遊んでくるから、やっといてねー」と言われてしまいます(笑)

遊ぶ時間はひとときも無駄にはできません!

今日は朝から大漁!
飼育ケースにぞくぞくと入れられるザリガニたち。
「ザリガニ水族館始まりまーす」

釣った子たちから元気なお誘いをもらいました。
もう1つ。。。

「今日は大好きなおじいちゃんとおばあちゃんにプレゼントを作ります!」
敬老の日に向けて
皆で写真立てを作りました。自分たちで染めた和紙に自由にどんぐりや枝で飾り付けをします。もちろんこの作業も外で。私は少し前まで外で絵本を読んだり折り紙をしたりする発想は全くありませんでした。
興味のある子から始めて、終わった子からまた元気に自分の遊びに戻っていく。他の遊びがしたくて作る時間がなかった子たちはお家でね。
そんな野外活動や子供のペースに合わせられることも森のようちえんの魅力の1つだと思うのです。

年少男児の母

森のようちえん  こそあどの森

2017年4月、森のようちえん「こそあどの森」 開園しました。 子どもが自然の中で五感を研ぎ澄ませ自然と共に生き、主体的に動けるようになってほしい。 少人数だけど子どもたちとの関わりが濃く、相手の気持ちを考えられる子になってほしい。 自分を大好きになってほしい。 人としての根っこを育てたい。 そんな思いで活動しています。

0コメント

  • 1000 / 1000