梅雨入り!大雨なんのその!

すんごい大雨!今までになく土砂降り。
でも、お構い無く、泥遊びができる!!って、子どもたちは張り切って外に。
泥が大好きなAくんは、一人で大人を連れて「行ってきまーす」と、朝から泥のあるところへ。
他のみんなは、屋根付きデイキャンプ場で、手仕事やお絵かきをしてたけど、すごい雨の音、また、激しくなってきた!しかも、屋根付きデイキャンプ場が、雨漏り?!するくらいの激しい雨に、
「Aくーん、Kちゃーん(当番ママ)、だーいじょーうぶー?!」と叫ぶも、全く聞こえず。
「見てくるわ!!」と、何人かでカッパをきて、出動。
そして、案の定合流。泥遊び。
途中、帰ってきたAくん。「おかえりー!寒かったでしょ?」と声をかけるが、「砂場セット取りに来ただけ!」と、また雨の中遊びに。

そんな中、寒いーってなるだろうから焚き火をつけておきたかったのだけど、いつものようにつかない。。
焚き火なら任せてのTくんと年中Mちゃんが、一生懸命考えて、あーだこーだやるけど、なかなかつかない。。
よーやくついたときには、「やった!いい火になった!みんな暖まれるね!芋も焼こう!棒パンもやろう!いい火だよー!」って、大盛り上がり。
誰かのために、ってやっぱり嬉しいんだな。昨年の冬は、自分が火を付けたい、だけだったけど、「Aくんたち、寒い寒いってくるよね。見てみて!すごいいい火!」って、キラキラしてました。

そして、暖まって、美味しいものを作って、雨を存分に楽しみました。

それにしても、、屋根付きで雨をしのいでいるはずなのに、雨漏りがすごい(笑)
結局、びしょ濡れ(笑)

そして、雨の日になったときの大人の準備や臨機応変な対応、3年目にして素早い。。育っているぜ、大人も!
エミ





森のようちえん  こそあどの森

2017年4月森のようちえん「こそあどの森」開園しました。 子どもが自然の中で五感を研ぎ澄ませ自然と共に生き、主体的に動けるようになってほしい。 少人数で関わりが濃く、相手の気持ちを考えられる子になってほしい。 自分を大好きになってほしい。 人としての根っこを育てたい。 そんな思いで活動しています。 事務局 448-0805 愛知県刈谷市半城土中町2-16-10 代表 塚本絵美 副代表 塚本岳

0コメント

  • 1000 / 1000